士道館の教育の目的とは?

士道館では、心技体の整った人格形成を目的としています。
合気道の技は、運動生理学的にも"力み"があっては成り立ちません。

力みを消すことは、戦う意志を消すことでもあります。
相手を受け入れる気持ちができて、力みが消え、技が成り立ちます。
それが合気道の目指すところの「和合」なのです。

また、日本のことを「大和」ともいいます。
大和とは、大きな和のことです。
大和の精神こそ、日本人らしい精神であり、それが士道館の目指すところです。

和合の心を以てはじめて、人ははじめて心が落ち着きます。
心が落ち着けば、他人を敬い、礼儀正しい心を余裕ができるのです。


士道館の考える心技体

多くの武道団体で、この心技体において語られます。
しかし、残念ながらほとんどの場合、心と技の部分ばかりにとらわれてしまい、「体」の部分が見えていません。

心とは心の状態のことを指します。
道徳や礼儀といったものです。

技とは「入り身投げ」、「四方投げ」、「呼吸投げ」などの形のことを指しています。
この技ばかりを磨く人ばかりに陥っているのが、現代武道界の現状であります。

それでは技と呼べても、技術とは呼べません。

真の技術とは「体」があって成り立つものです。
体とは「体力」、「筋力」などのことを指しているのではありません。

大切なのは「体の使い方」です。
合気道では「体の使い方」が最も大切です。
「どう力を抜くのか」、「どのような力の入れ方をするべきか」など考えるのが「体の使い方」です。

それができて初めて技術と呼べるのだと考えます。
技のみを追い、形骸化したものに意味はありません。

心技体揃ってこそ、はじめて武道は成り立ち、人格形成はなしえるのです。
士道館は、本物の武道を追い求めます。