合気道士道館 館長のあいさつ

■プロフィール:堀田武治(合気道7段)
 公益財団法人合気会公認道場 合気道士道館 館長
 全日本合気道連盟 理事
 愛知県合気道連盟 会長
 東海合気道連盟 副会長
 石上神宮崇敬会 常任理事

「皆さんに日本文化の武道としての合気道を、明るく清々しい気持ちで教えていきます。まだ見ぬ皆さんに道場で会える日が楽しみです。」

合気道士道館 顧問

■プロフィール:松原武久
 公益財団法人合気会公認道場 合気道士道館 顧問
 東海学園大学学長
 梅村学園理事
 中京大学総合政策学部客員教授
 前名古屋市長

合気道士道館では、顧問に前名古屋市長の松原武久先生を迎えています。

指導員・副指導員のあいさつ

合気道には「投げて投げられ朋友となる」という言葉があります。 合気道を通し、心から分かち合える友人を作ることができます。 門人一同、お待ちしております。

合気道は、合理的な武道です。なぜそうなるのかがわかると上達は早いです。 細かい技ではなく、大局的な視野に立って合気道を見て、指導していきたいといつも思っています。
優しさの中にスパイスを効かした指導をさせて頂きます。




力みなく、なぜ技をかけられたのか不思議に感じるのが合気道です。
師範・諸先輩方の技を盗みつつ、自分が理解できたところはわかりやすく伝えます。
学生時代に合気道をはじめました。
社会人になり一時、合気道から離れていましたが、縁があって士道館でお世話になっています。
士道館は、いつも議論をしながら稽古をしています。その輪に入りませんか。
親子でこの道場にお世話になっています。おかげで、親子の会話が増えました。
息子は以前に比べ逞しくなったと思います。他にも親子で稽古をしている門人がいます。
ぜひ親子で始めてみてはどうでしょうか。
合気道の稽古をすればするほど、自分の未熟さを痛感しています。
共に精進する仲間を求めています。仲間は多い方が楽しいですから。
事務局として皆さんが気持ちよく稽古できるように頑張ります。